8月1日

事業5日目、島生活3日目の朝も快晴です。
子どもたちは毎朝欠かさずかまどの火入れをしないといけません。火付けの大敵は湿気ですが、島は湿度が高く、朝露もハンパないので、マッチ箱や薪、新聞紙などをうっかりタープの外や地面に置いた班は、火付けに苦労することになります。
御五神島の洗礼を受け、痛い目に遭ってきた子どもたちは、その経験を生かして今朝も火付けに挑みます。与えられたマッチの本数は食事回数マイナス1。すでに残り数本の班もチラホラ出てきました。
果たして今朝は上手に火を付けることができたでしょうか?!

このブログの人気の投稿

実技講習

班活動

海水浴