投稿

7月, 2019の投稿を表示しています

夕食

イメージ
夕食メニューに各班の個性がでてきました。


海水浴

イメージ
午後から海水浴をしました。班ごとに交替しながら島で初めて海に入ります。
ライフジャケットを着用していざ海へ。水につかると歓声があがり、子どもたちの声も自然と大きくなります。
自然体験の良さの一つは、心が解放されるところですね。

7月31日 入島2日目

イメージ
事業4日目、入島2日目の御五神島は今朝も晴天です。
朝の集いでは日替わりの出し物で朝から気分を盛り上げます。今日の担当は3班。「マジカルバナナ御五神島バージョン」をみんなで楽しみました。そして朝日に向かって御五神島名物「ヤーイートコー」("いや~いい所"という意味の掛け声)。今日も元気いっぱい頑張るぞ~!!

食事

イメージ
島で作る初めての食事で、今年最も多かったのは、白ご飯と缶詰の組み合わせでした。キャベツとトマトのサラダを添えるなど栄養バランスを考えていた班もあって感心させられます。
他にもいりこでとった出汁に野菜がたっぷり入ったおかゆや、パスタを茹でていた班もありました。
子どもたちの食事がどのように進化していくのか、明日以降も目が離せません。

入島

イメージ
全員無事に御五神島に到着し、大量の荷物を運び終えたら、次はタープとテントを立てました。
時折吹く島風にあおられながらも、すべての班が設置完了!!昼食のお弁当を食べたら、今度は初めての食事作りにチャレンジします!!

7月30日 出港

イメージ
御五神島・無人島体験事業3日目、無人島入島のため、朝5時に起床。
6時過ぎに3隻の船に分かれ、無事に出港しました。

下灘公民館

イメージ
2日目の夕方からは、夕食と入浴を済ませて下灘公民館に無事に到着。明日は5時起床なので、準備を済ませて早めに就寝です。今日もみんなよく頑張りました。おやすみなさい。

午後の活動

イメージ
2日目の午後は、無人島で生活していくための大量の荷物をトラックに積み込みました。全員が列をつくり、バケツリレーの要領で手際よく運ぶことができました。

午前の活動

イメージ
大洲は日陰でも30℃超え!
それでも子どもたちは元気に竹食器を作り、タープ張りや火付けの練習に取り組んでいます!!

7月29日 朝の集い

イメージ
御五神島・無人島体験事業は2日目を迎えました。全員元気に朝の集いに参加し、代表あいさつや体操をしました。
大洲は暑くなりそうです

班活動

イメージ
初日の夜は、各班で係や班名を決めたり、班旗をつくったりしました。リーダー、サブリーダーと子どもたちは次第に打ち解けて作業を進めました。

実技講習

イメージ
初日、最初のプログラムは、アイスブレイクとロープワーク、テント設営実習です。はじめての体験に緊張気味ですが、講師の話をよく聞きながら技術を身に付けました。

7月28日 開会式

イメージ
令和元年度御五神島・無人島体験事業の開会式が、国立大洲青少年交流の家で開催されました。
愛媛県下各地から集まった48名の小中学生熱い夏の始まりです❗

御五神島・無人島体験事業のクラウドファンディング

クラウドファンディングとは 
 インターネットを通じて
  人々に広く資金支援を呼びかけるものです
目標金額に1円でも到達しないと不成立になりそれまで集まった支援金が受け取れなくなるという「All or Nothing」という仕組みになっています。(※不成立の場合、支援者に全額返金されます)

「御五神島・無人島体験事業」のクラウドファンディングの内容は以下のとおりです。
********************************************
【目標金額】700,000円
【内  容】テント5張分の購入資金の支援
【公開日時】令和元年7月14日(日)10:00から
【申込み先】
Readyforウェブサイト 
https://readyfor.jp/
プロジェクトのサイトURL
https://readyfor.jp/projects/oitsukami-mujinto-tent

【終了日時】令和元年10月11日(金)23:00まで
********************************************
支援する、しないに関係なく よろしかったら
上記サイトにアクセスしてみて このプロジェクトに込めた熱い思いを知ってください。

そして、その熱い思いに共感して
「支援したいな、応援したいな」と思ったら
その時は、心の声に素直に従ってポチッとしてください(*‘∀‘)
※具体的な支援方法は、別添チラシをご覧ください。

もちろん、“支援”はお金以外の形でもできます。
身近な人や、興味を持ってくれそうな人に
「御五神島・無人島体験事業」のこと、
このプロジェクトのことを
教えてあげてください。

開催要項